第74回 卒業証書授与式

PTA

令和4年3月1日、第74回卒業証書授与式が新型コロナ感染拡大防止の為、昨年度に引き続き『フェニーチェ堺』にて執り行われました。大ホールの荘厳な雰囲気に包まれ、緊張の面持ちで開式を待つ卒業生の胸には日本の春を代表する「桜」のコサージュが飾られ、先生方や保護者の皆様からのあたたかな祝福の見守りを感じつつ、三年間の高校生活の思い出が走馬灯のように巡る時間となったことでしょう。

開式の辞
国歌・校歌斉唱
卒業証書授与
卒業証書授与
卒業証書授与
卒業証書授与

開式の辞に続き、昨年度は『清聴』のみで歌うことが叶わなかった国歌・校歌をマスク越しながら今年は『斉唱』することが出来ました。そして卒業証書授与。クラス担任の先生の中には感極まり涙ながらに生徒たちの名前を呼ぶ先生も。「ハイ!」と起立していく卒業生の声も保護者席の後ろの方まで確かに響いてきました。

校長式辞
在校生送辞
卒業生答辞 
卒業生答辞 

校長式辞、在校生送辞に続く卒業生答辞はこのような内容でした。

1年生時とは一転した2年生からの学校生活。文化祭は1日のみ、体育祭、マラソン大会は中止。そのような中でも何とか行くことが出来た修学旅行。校長先生は『74期の皆さんは強運の持ち主です!』と言って下さいましたが、それは先生方が陰で頑張って動いて下さった上に頂いた運であり、自分たちの努力で成り立った運ではなかったこと。いつも温かい食事を用意して待ってくれていた家族への限りない感謝。部活の友は生涯の友になるだろうこと。かけがえのない仲間が74期の皆で本当に良かったと思えること。後輩の皆さんには置かれた環境で精一杯いろんな事に取り組んで下さい

状況を悲観したり文句を言うのではなく、前を向いて感謝をしながら『三丘スピリット』でその時々を精一杯生き抜き、皆で乗り越えてきた卒業生の逞しさに心うち震えました。

卒業の歌斉唱
卒業の歌斉唱

卒業生による『正解』という「卒業の歌斉唱」。74期生の皆で歌う最後の合唱の調べは会場中あたたかな感動の涙を誘いました。

高校生活の大半をコロナ禍という苦難にもがきつつも、仲間と共に勇敢に乗り越え、努力の積み重ねのその向こうにある新たなステージへと羽ばたいていく313名の74期の皆さん。保護者の1人として皆さんの輝かしい未来への出発を心よりお祝いいたします。

最後になりましたが、卒業式を迎えるまでの一日一日を様々な状況の変化にも対応されながら三年間にわたり生徒たちを全力でサポート下さった先生方に心より感謝申し上げます。

渡邉雅代PTA会長ー保護者代表謝辞
片桐訓子PTA副会長ー卒業記念品目録贈呈

タイトルとURLをコピーしました