防災宿泊訓練に参加して

2017-12-06

10月28日(土)・29日(日)の防災宿泊訓練にPTAを代表して、副会長の松原さんと私の2名で参加しました。
 
この防災宿泊訓練には、本校の生徒20人と近隣の三国丘中学校、三国丘小学校、榎小学校の生徒19人が参加され、それぞれの引率の先生方、本校の先生方を合わせると70名近くの参加者で開催されました。

堺市役所危機管理室職員さんからの南海トラフ地震の話や、堺市博物館学芸員さんからの堺での地震に関する歴史の話など、災害に備えるための知識を得る講義。
お湯だけで調理する防災食をランタンの灯りだけの教室で食べたり、空き缶で作るランタン作りに、寝袋で一夜を過ごす体験。
これらの講義型と体験型のプログラムでは、子ども達はグループ分けされ、高校生がリーダーとなって小中学生を率いて行っていて、基本的には先生方は見守るスタンスで進行されていました。
特に印象に残ったのは、本校の生徒が考案した「防災かるた(三丘カルタ)」でした。今後、さらなるブラッシュアップがされて、より一層の活用がされていくのではないでしょうか。

本校の生徒達にとっては、防災に関する知識や経験の他、年下の子ども達を率いることも良い経験になったと思います。
また、自身の生活における防災意識の高揚にとどまらず、防災に関する多様な分野への研究心に繋がると、より意義のある企画になるのではと感じました。

会長 中村誠

bosai_001 bosai_002
bosai_003 bosai_004