平成28年度堺歴史探訪 活動報告

2017-03-23

実施日:平成28年11月5日(土)
集 合:8:45(JR百舌鳥駅前)
解 散:14:30
行 程:百舌鳥駅→仁徳天皇陵拝所→堺市博物館→日本庭園→
    仁徳天皇陵外濠沿い→南海三国ヶ丘駅→堺東駅→昼食
参加者:1年7人、2年9人、3年16人、先生方3人 合計35人
案 内:牧浩子さん・細谷利晶さん(堺観光ボランティア協会)

 今年は大仙公園をめぐりました。
 世界遺産登録を目指してさかんにPRされている百舌鳥古墳群ですが、大小取り混ぜて点在する古墳を見つけながら公園を歩き、博物館で発掘資料を目にすると、自由都市・堺と呼ばれる時代をさらに遡った古代の歴史がここにあったんだと実感できるコースです。

 受付は百舌鳥駅前から少し移動して、整備されて間もない収塚古墳の広場で行い、2班(1・2年と先生方・3年)に分かれてそれぞれガイドさんとスタートしました。ここから仁徳天皇陵拝所まではすぐなので、拝所に着くとまずは体力のあるうちに元気な顔で記念撮影とあいなりました。
 拝所前の道路を渡ると次に見学する博物館はすぐそこにあります。館内では堺の繁栄を誇る中世や、産業・文化を発展させてきた近世・近代の資料を一覧することもできますが、複製した古代の甲冑を着てみるコーナーや併設の百舌鳥古墳群シアターなど、古墳時代をわかりやすく「見る」「触れる」展示が近年充実してきたように思いました。
 博物館を出て公園内を少し歩くと日本庭園に着きます。菊花展の期間中でもあり、一般の方々の見学も多い時間帯でしたが、「築山林泉廻遊式」の園内を拝見して回り、休憩舎でお抹茶と生菓子をいただく間は、日常の騒々しさや慌ただしさを忘れる贅沢なひとときでした。四季折々に見所のある庭園ですが、「色づく秋」には格別の趣が感じられて良かったと思います。またガイドさんに庭園のあれこれを教えていただくことで、由来や魅力をより多く知ることができ、得難い機会となりました。
 その後は再び仁徳天皇陵に向かい、外濠に沿って南海三国ヶ丘駅まで歩きました。沿道にも小さな古墳や万葉歌碑が点在していて、コース初めの拝所付近と同様、ここでも仁徳天皇にまつわるエピソードをガイドさんから教わり、最後まで飽きることなく散策を楽しめる行程でした。

 ガイドさんと三国ヶ丘駅で別れ、堺東駅まで電車で移動して、ダイワロイネットホテル内「大地の恵」にて昼食をいただきました。保護者の方々には自由に着席していただいて、白永会長と山口校長先生のご挨拶の後は、めいめい食事を楽しみながら会話に花咲くひとときを過ごしました。
 好天に恵まれ、無事催しを遂行できましたことに安堵感でいっぱいです。実施にあたりましては、参加者の皆様はもちろんのこと、山脇先生はじめ本部役員の方々にも多大なご協力・ご尽力をたまわり、感謝にたえません。また広報委員会の方々にも、当日の写真撮影で大変お世話になりました。皆様本当にありがとうございました。

rekishi_01 rekishi_02
shakai_002